パソコン・スマホのせいで目元が老けるといわれる理由

パソコン・スマホのせいで目元が老けるといわれる理由 パソコンやスマホが疲れ目やドライアイの原因になるのは、今更いうまでもないと思います。 そんなパソコンやスマホは目元を老けさせるという話もあります。


調べてみたところ、パソコンやスマホを長時間凝視することで、まばたきが減り、目の焦点を合わせる筋肉が緊張しっぱなしになることで、 疲れ目状態になると、血流が悪くなって肌色が暗くなるそうなんですね。


目の周りの毛細血管の血流が悪くなると青クマというクマができます。寝不足になるとできるクマとして有名ですが、 同じようにパソコン作業を長時間するような人にも多いんだそうです。


目の周りの毛細血管の血流が悪くなると、老廃物なども蓄積されやすい状態になりますが、余計ない老廃物を排出する際に活性酸素が発生するので、 活性酸素に対抗するためにメラニンが生成されて、目元がくすんだり、色素沈着ができる場合もあるといいます。


目の周りがどんより暗く、くすんでいれば、見た目は老けてみえますよね。デスクワークなどをしている人は例外なく、 座りっぱなしで全身の血流も悪く、冷え症で悩んでいる人も多いはずです。目元だけでなく全身の血行をよくしないことには、いつまでもひどい目の下のクマに悩まされるはずです。


血行を良くしても消えないクマがあったら.....

血行を良くしても消えないクマがあったら.....

目にとっては遠くを見ている状態のというのが自然でリラックスしている状態になります。 そのため近くを見続けるというのが一番負担がかかるので、疲れやすいんですね。


なので、パソコン・スマホを長時間見続けるというのはNGで、最低でも1時間に1回は5分程度、遠くを見るという目の休憩が必要になります。 目が疲れているときは、肩や首もガチガチに凝り固まっているはずなので、ストレッチをしてほぐしておきましょう。


「学校じゃないんだから1時間ごとに休憩なんかできないよ!」という人もいると思います。 そんな場合は、パソコンやスマホの作業中、ずっと近くを見続けるのではなく、適度に視線を外して遠くのものを見るようにしてください。これだけでも疲労の度合いはだいぶ違うはずです。


他にも目のツボ押しや温タオルと冷タオルを交互に目に当てて血流を促すという方法が効果があるので、仕事終わりや1日の終わりには必ず目を労わってあげるようにしましょう。目の下の青クマもよくなっていくはずです。


もし、お風呂上りの血行がいい状態でも目の下のクマが消えないというのであれば、それは血流が悪いことが原因のクマではなくて、加齢によるたるみが原因の黒クマや赤クマである可能性が高いです。 コラーゲンを増やし、目元のハリ弾力を高めてくれる成分を配合したアイクリームを使ってケアしてあげる必要があります。


加齢によるクマ対策に、、 目元ケアに使うアイクリームの選び方
Copyright © 2014 目元の乾燥・小じわに効くアイクリーム<Best3>~目元ケア虎の巻· All Rights Reserved·